アルツハイマーと認知症の違い・症状・薬・ココナッツオイル

アルツハイマー病は、いまだに原因が解明されず、
有効な治療薬がないのが現状です。

認知症のなかでは、最も占める割合が多く、
血管性障害を伴うアルツハイマー型もいれると、
患者さんの、約80%が、アルツハイマー型です。

このタイプの認知症の改善に、ココナッツオイルが
役立つことがわかってきたのです。

アルツハイマーは、なんらかの理由で、脳の中に
『アミロイドβ(ベータ)タンパク』という
タンパク質が蓄積してしまう。

その結果、神経細胞が変性してしまい
脳が萎縮してしまう病気です。

神経細胞は、ふつうは、グルコース(ブドウ糖)を
エネルギー源としています。

しかし、アルツハイマーで神経細胞が変性してしまうと
このエネルギーが使えなくなります。

神経細胞が、慢性エネルギー不足の状態になってしまうのです。

神経細胞のエネルギー不足を
解消することができたら
障害も少なくなるのでは、と
思うのは、自然な考えですよね。

グルコースのかわりに、
脳のエネルギー不足を解消する
物質が何かないのか?

そこに目をつけたアルツハイマーの治療薬が、
アメリカで、すでに、開発されていました。

「アルツハイマー病が、ココナッツオイルで治療できること」を
米国医師メアリー・T・ニューポート氏が発見し、
日本でも、ココナッツオイルが注目されています。

本当に、認知症にココナッツオイルが効果があるのか?

【公式】ココナッツオイルの効果は こちらをクリック

ココナッツオイルが、アルツハイマー病に効くのかを、
紹介します。

日本でも、社交ダンスのステップを思い出せなくなっていた70代の男性が、
大会前にココナッツオイル入りのカレーを食べることで、
今までと変わらず踊れています。

ココナッツオイルは認知症の治療のほか、
予防効果もあり、アンチエイジング効果の研究結果もあります。

オイルには、長鎖脂肪酸と中鎖脂肪酸2つに分かれています。
今までは、中鎖脂肪酸は利用価値が低いと言われてきました。

ところが、近年、中鎖脂肪酸には、
他の脂肪酸にはない大きなメリットがあることが
研究で分かってきました。

脚光をあびたのが、
中鎖脂肪酸(ちゅうさしぼうさん)です。

中鎖脂肪酸(ちゅうさしぼうさん)は
飽和脂肪酸(ほうわしぼうさん)のひとつです。

飽和脂肪酸は、肥満や動脈硬化の原因となり、
どちらかというと、悪い油の印象が、長年ありました。

しかし、中鎖脂肪酸は、飽和脂肪酸のなかでは
非常に善玉であることがあきらかになっています。

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸に分類され、
ココナッツオイルを摂取することで得られる、
認知症を防いだり、肥満改善、糖尿病などの生活習慣病改善、
体のサビを取り除く老化防止、動脈硬化防止、
免疫力向上といった効果は、すべて中鎖脂肪酸の効果によるものです。

中鎖脂肪酸が多く含まれる食品は、
牛乳、母乳、パームオイル、
そして、ココナッツオイルです。

これらの食品に含まれる中鎖脂肪酸が、
肝臓で、分解されてできるのが、ケトン体です。

これが、神経細胞のエネルギーとなることが
わかってきました。

グルコースのかわりに、ケトン体が
脳のエネルギー源になる。

つまり、アルツハイマー型認知症で
ブドウ糖が脳細胞に
吸収されにくくなった場合に
このケトン体があれば、
脳の栄養になるといった考えです。

ケトン体を増やすケトン食が、
アルツハイマー病や脳血管障害やパーキンソン病や
ハンチントン病など神経変性疾患の改善に
有効であることが明らかになっています。

ケトン体自体に神経細胞の働きを高めることが報告されています。

では、ケトン体を作る
『中鎖脂肪酸』を多く含む食品は何でしょう。

ココナッツオイルです。
ココナッツオイルは
中鎖脂肪酸を一番多く含む食品なのです。

ケトン体を、薬ではなく、
食品として摂取できる。
それが、ココナッツオイルだったのです。

ココナッツオイルに含まれる脂肪酸の
多くが、中鎖脂肪酸です。
約60%と言われています。

ココナッツオイルの中でも最も良質な
エキストラ・ヴァージン・ココナッツオイル。

具体的な食事への取り入れ方は
とっても簡単

エキストラ・ヴァージン・ココナッツオイルを
3度の食事に取り入れるだけです。
ケトン体はエネルギーを作るのに
随時使われてしまうので、
血液中のケトン濃度を維持するために
1日に3回摂取することが理想的です。
ただし、ココナッツオイルで
治療を行う場合の摂取の仕方なので
予防としての場合はこれ程までに
摂取する必要はありません。

ココナッツオイルの恵みは
「食べる」「飲む」「塗る」などいろいろな形で得られます。

お勧めは、
健康な方でアルツハイマー病を予防する方なら、1日大さじ2杯。

アルツハイマー病の改善目的なら、1日3回、大さじ2杯。

そのまま摂取するか、食事に混ぜます。

コーヒー・紅茶にいれる

みそ汁・スープにいれる

トーストにバターの代わりに塗る

揚げ物に使用する(油の量を少なくして焼き揚げに適しています)

お菓子作りに活用

エキストラ・ヴァージン・ココナッツオイルは
約25度以下になると固まります。
冬場は固形、夏場は液体です。
固まった場合は使用する前に
瓶ごと湯煎して下さいね。

さらにはココナッツオイルには、
ダイエット効果、便秘解消、スキンケア、ヘアケア、抜け毛予防、
紫外線予防、動脈硬化や心疾患のリスク低減、
などなど、まだまだ説明し切れないほどたくさんのメリットが
日常的に使用していくことでお手軽に実感できます。

 

 

 

日本で買える、安心、安全なエキストラ・ヴァージン・ココナッツオイル

<セレクション>ココナッツオイルSKINNY

芸能人やハリウッド女優も愛用していることで話題のココナッツオイル。

ココナッツオイルの中でも、完全ナチュラル、通常の2倍のココナッツが使用されている
こだわりのココナッツオイルです。

【SKINNY ココナッツオイルと他のココナッツオイルとの違い】

(ポイント1 天然100%のオーガニックなココナッツを使用)

自生する天然のココナッツを手作業で1つずつ丁寧に収穫しています。
農園で栽培されたココナッツではできない「完全ナチュラルなオーガニックココナッツ」です。
完全無農薬、添加物フリーです。

(ポイント2 業界初の完全低温圧搾システムを採用)

業界初の技術により製造過程から一切の熱と摩擦を排除することで天然栄養素を壊さずに
最高品質が保たれています。

(ポイント3 通常の2倍のココナッツを使用)
無精製、無漂白、無添加にこだわっているため、通常の2倍の量のココナッツを使用しています。

公式サイトはこちらをクリック↓

フィリピン産、一番搾りのみ使用の贅沢なココナッツオイル

人間本来の自然治癒力を引き出してくれるオーガニック・ココナッツオイル。

モデル愛用!一番搾りのみ使用の、
贅沢なココナッツオイルでアルツハイマー、認知症を撃退。

公式サイトはこちらをクリック↓


 

 

ココナッツオイルプカプカ

ココナッツオイルの輸入元だからできる高品質低価格を実現。

10年の歳月をかけて
世界中から集めたココナッツオイルの中から厳選した、こだわりの一品。

日本人の好みを考え、香控えめでとっても美味しい、
プカプカ エクストラバージン ココナッツオイル。

ここ1年で沢山のココナッツオイルレシピ本や、効果を証明する本が発刊されています。
そのまま食べても料理に使っても美味しい。おススメはパンに塗って食べる。

ブランド名の「プカプカ」とは
南太平洋で赤道に近い位置にある北クック諸島の小さな島の名前です。
Ian Prior博士の調査研究では、「昔、プカプカ島ではココナッツを主食とし、

殆ど病気とは無縁だった島民たちの食生活が、
西洋の食生活(特にマーガリンや精製油など)に、
変わったことで、病気が増えてきた。」と報告しています。

ここ数年やっと日本で食事として摂取するオイルを見直して、
良いオイルを摂ろうという事をお医者様が頻繁にテレビや本で発信しています。

放映された番組は数々
(はなまるマーケットTBSテレビ・あさいちNHK・マツコの知らない世TBSテレビ・ビストロSMAPフジテレビ 他)
出版された本も沢山(ココナッツオイルでボケずに健康・魔法のココナッツオイルレシピ・
元気になる油病気になる油「今注目のココナッツオイル研究」・
アルツハイマー病が劇的に改善した・ココナッツオイル健康法・
ココナッツオイルバイブル・脳と体に効く油 他)、海外ではセレブご用達となって歴史があります。

公式サイトはこちらをクリック↓



認知症は身近な問題になってきています。
高齢化の進展と共に認知症の人が増え続けています。

65歳以上では約10人に1人が認知症になっていると言います。
また、85歳以上では発症率が非常に高くなっています。

認知症の改善は認知症患者や家族にとって、とても重要です。
はっきり言って認知症の介護は非常に大変です。
育ててもらった母親・父親、愛する配偶者が認知症で違う人に変わってしまい、
暴力や暴言は当たりまえで、ひどければ排泄物を投げつけてくるなどの行為もあり、
介護者が精神的に参ってしまいます。

本人も、正常に戻る瞬間は、とてもつらいものがあります。

また、自分が認知症かもと思った方は、
重症化する前に早期に対策を打つことがとても大事です。
日ごろの生活習慣や、運動習慣などを見直して、
少しでも進行を遅らせる努力をしなければ、
自分が愛する家族を傷つけることになります。

そこで、重要なのが、認知症を改善することと、
認知症の進行を遅らせる事、そして予防です。

アルツハイマーと認知症の違い

一般的な見方だと、アルツハイマー病と認知症というのは、同じ病気と思われています。
どちらも痴呆の症状が出るため、
同じ病気というイメージになってしまうのはしょうがないことかもしれません。

認知症とは、一度正常に発達した知能が何らかの脳障害によって低下し、
日常の家庭生活や、社会生活が営めなくなった状態を言います。

知能が低下すると、ものを認識することが難しくなったり、
記憶障害や名前や場所、時間などがわからなくなります。

そして、ひどくなると人格まで変わってしまいます。
この脳障害の起こり方の違いで代表的な2つの認知症にわけられます。

アルツハイマー型認知症
アルツハイマー病は、認知症を引き起こす原因となる病気の一つです。
そのため、アルツハイマー病による認知症というのは、アルツハイマー型認知症と呼ばれています。
ですが、アルツハイマー型認知症は、あくまでも認知症の種類の中の一つで、
アルツハイマーと認知症は同義語ではありません。

アルツハイマー型認知症は症状がよくなることはなく
少しずつ低下していくのでここが認知症の違いです。

アルツハイマー型認知症は、脳の神経細胞の減少や脳の萎縮、
脳への老人斑・神経原線維変化の出現をその特徴とします。
アルツハイマー型認知症は、
βアミロイド蛋白と呼ばれる異常な蛋白質が脳全般に蓄積することで
脳の神経細胞が変性・脱落してしまうことが原因とされており、
そのために脳の萎縮が進行し、認知症を発症すると考えられています。

CTやMRIといった画像診断では比較的早期から
側頭葉内側部(海馬領域)の萎縮が目立ってくると言われています。
進行すると脳全体の萎縮が顕著になります。
しかしながら、未だにハッキリした原因は分かっていないというのが現状です。

アルツハイマー型認知症は、さらに2つの種類に分かれます。
それは、家族性アルツハイマーというものと、アルツハイマー型老年認知症というものです。
特に多いのはアルツハイマー型認知症で、これは60歳以上の方に発症する認知症です。

脳血管性認知症

脳血管性認知症は、脳の血管の病気、
脳梗塞や脳出血を根本的な原因として起こるものです。

簡単に言うと、脳血管疾患の後遺症です。
詰まるか切れるかのどちらかが脳の血管の病気ですが、
主として生活習慣病を原因とする動脈硬化が原因として起こることが多いです。

脳の血管が詰まって、大中小の脳梗塞が多発し、
広い範囲の脳が破壊されて起こる脳の機能低下です。
CTやMRI検査では、脳の様々な場所で脳梗塞巣が見られます。
脳梗塞が原因なので、高血圧や糖尿病、心臓病の治療などが、この病気の予防に重要です。

原因はともかく、発症すれば酸素や栄養素が脳に行き渡らず
脳の神経細胞は死んでしまったり回復不能なダメージを受けたりしてしまいます。
その障害の場所がどこかによって認知症の症状はそれぞれ異なりますが、
一般的には、その範囲が広ければ広いほど認知症の症状も重いものになります。

なお、脳血管性認知症の場合、突然の脳血管障害をキッカケに
急激に認知症が発症する場合と、小さな脳梗塞を繰り返して起こしているうちに
徐々に認知障害が現われる場合とがあります。

アルツハイマー病も認知症も、どちらも症状は同じようなものです。
基本的に、物忘れがひどくなり、それがどんどん進行していきます。
では、アルツハイマー病と認知症は何が違うのでしょうか。
それは、脳の病気になっているかどうかの違いなのです。

簡単に言ってしまうと、アルツハイマー病は脳の委縮のせいで起こる病気です。
認知症は、脳機能が低下してしまうことで、物忘れなどの症状が起こります。

つまり、アルツハイマー病を治すためには、医療機関での治療が必要となるのです。
でも、認知症の場合は、治療はもちろんですが、軽度の場合はリハビリテーションで改善出来ることもあります。
これが、アルツハイマー病と認知症の大きな違いと言えるでしょう。

アルツハイマーの病気の原因として考えられている物質はいろいろあり、
まだ確定は進んでいません。
諸説ある中で最近有力候補として考えられているのが
「ヒドロキシノネナール」という毒性物質です。

このヒドロキシノネナールは少しずつ身体に蓄積される物質です。
サラダ油の主成分であるリノール酸が加熱されると増加し、
体内に入ると細胞膜のリン脂質を酸化します。

神経細胞をはじめ、あらゆる臓器の細胞まで
死においやる非常に恐ろしい物質なのです。
当然、脳の神経細胞もおかしていきます。
ヒドロキシノネナールが海馬の萎縮にも関係していると考えていいでしょう。

そういうわけでサラダ油をなるべく摂らないように
心がけることは認知症予防になると言われています。

料理の際にサラダ油を使用しているご家庭は多いと思います。
このサラダ油を一切使用せず、また、
サラダ油が含まれている加工品を一切食べないようにすることで認知症の
リスクをかなり軽減できると考えられています。

もともと私たち日本人には、ココナッツという植物が
健康に良いという馴染みがありません。
ですが、ヤシの実の原産国であるタイやフィリピンでは、
以前からココナッツオイルが健康維持に高い効果を発揮する事が知られていました。

アメリカの話ですが、夫が若年性のアルツハイマー病にかかり、
ネットでココナッツオイルの効果を調べた妻が毎朝シリアルに入れて食べさせた結果、
僅か数ヵ月間で知能テストの点数が上がり、また歩行が出来るようにまで改善しました。

そして更に改善がみられ一人で歩いたり、走ったり、本も読める程になったそうです。
そして、冗談を言っていた昔の夫に戻ったそうです。

悪玉コレステロールを減らすために
毎朝ココナッツオイルをスプーンひとさじ舐めてもいいのですが
これに意外な効果があることがわかりました。

ココナッツオイルが認知症改善予防に効果があることは
臨床実験でも証明されていて、
今、最も効果があるとおっしゃる方もいるようです。

ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸。
中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸と比べて代謝経路が違うので、
分解吸収が約4倍も速く、代謝も5~10倍も速いのです。

脂肪の中でも、エネルギーに変わるのが速い
中鎖脂肪酸の特徴を活かして、
この中鎖脂肪酸を与えることで、
素早くケトン体にして脳細胞にエネルギーを送り、
認知症状の改善を進めるというのです。

コレステロール値を下げる効果もあり、
善玉菌を増やして体に悪影響を与える悪玉菌を抑えるので、
コレステロール値の減少に繋がります。

また、ココナッツオイルは食欲を制限することがわかっています。
ココナツオイルは熱を加えても大丈夫なので
生活習慣病として名高い糖尿病・心臓疾患にも高い効果を発揮します。
欧米化した食生活で乱れた日本人の食文化には、
ココナッツオイルは是非取り入れたいものですね。

ココナッツオイルの中でも最も良質な
エキストラ・ヴァージン・ココナッツオイル。

脳が充分に働くには、とても高いエネルギーを必要とします。
脳がいつもケトンを利用できるようにするために朝、昼、晩と飲み物に混ぜたり、
料理に入れたり、ドレッシングに混ぜたりと3回の食事ごとに摂れるようにしましょう。

料理には一切サラダ油を使用せず、
マヨネーズやマーガリン、ドレッシングなどの使用も避けることをおすすめします。

エキストラ・ヴァージン・ココナッツオイルは
数日忘れていて2日程摂り、また数日忘れているというようなやり方では、
大した効果は期待できません。また量が決まったら一定の量を摂らなければ、
違いが出るほどのエネルギーは脳に供給されません。
エキストラ・ヴァージン・ココナッツオイルを毎日必ず摂るようにしましょう。

エキストラ・ヴァージン・ココナッツオイルが腸の絨毛に浸透し滑りが良くなります。
そうすることで
腸の中の老廃物が体外に排出しやすくなります。
つまりは便秘の解消、
デトックス効果が期待できるということです。

サラダオイルなどの精製された油は
糖尿病の罹患率を高めてしまいますが
エキストラ・ヴァージン・ココナッツオイルは
摂ることで
インスリン抵抗性の改善が期待できます。

ですが、エキストラ・ヴァージン・ココナッツオイルだけがいいわけではありません。
認知症には、適度な運動、食事、ストレス発散が大切なのです。

特に1日30分のウォーキングは、とても効果的でガンやその他、
多くの病に効果があると言われています。

飲酒と認知症の関係

毎日晩酌する場合の適量は、日本酒だったらせいぜい2合程度だと言われます。それ以上の日本酒を毎日飲み続け
ると、アルコール中毒になる危険性が高まります。また、アルコール依存症になってしまった人は、脳の栄養が偏る
ために脳が萎縮しやすいことも分かっています。当然の結果として、アルコ-ル依存症が認知症の危険因子であるこ
とは間違いないようです。個人差は相当ありますが、日本酒を毎日3合以上飲む人はアルツハイマー型認知症になり
やすいという報告もあります。何れにしろ、アルコールの飲み過ぎは脳だけでなく身体全体に対して悪影響を与える
ことは常識です。

 

 

 

 

 

おじいちゃん、ずっと忘れないでね。「アルツナイン」

アルツナイン

おばあちゃん、ずっと忘れないでね。「アルツナイン」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,アルツハイマーと認知症の違い,