ペットの死、お墓、動物霊園・火葬・自宅でできる供養と墓石

ペットの死、お墓、動物霊園・火葬・自宅でできる供養と墓石



ペットのお墓、ペット供養はどうなっているのでしょう?
残念ながら、人間のようにきちんとしたきまりや
法律があるわけではありません。

ペットのご遺骨を骨壷に入れたまま、
ご自宅での手元供養、自宅供養も、方法のひとつです。

ペットのご遺骨はどうしたらいいんでしょうか?

「家族のお墓に納めることができないか」と思います。
「人間の骨も動物も骨も本質的には同じものだから良いのでは?」と
思ってしまいますが、基本的には
墓地・霊園の管理者(寺院、自治体など)の承諾がなければ不可、
なのです。

動物に対する考え方の違い、宗教観の違いなどにより、
周りのお墓の所有者が快く思わないケースもあり、
許可のあるお墓でないと埋葬できないのが現状です。

ペットの供養の方法はいろいろあります。

現状では、ペット霊園の墓地(ペットのお墓)に
きちんと埋葬しているかたはまだ少数派で、
ペット霊園の納骨堂に納骨したり、
ご家庭に骨壷のままで置いている人も多く見受けられます。

その昔、多くのペットの遺骨は庭に埋めたり、
火葬して山林に骨を散布したりしたものです。

昨今は、時代の風潮と人々の意識の変化で、
ペットは家族の一員ということで、
人間と同じように火葬するようになってきました。

但し、火葬後はどうするかがまだきちんと確立されていません。
そこでいくつかの選択肢ができているのが現在の状況なのです。

ペット葬儀社やペット霊園にのアドバイスも役立ちますが、
自分で大切なペットの供養方法を
考えてみることが大切ではないでしょうか。

自宅でペットを供養したい方、
お骨を自宅に保管している方には
可愛いペットのお墓も市販されています。

 

 

 

ペットのお墓「PET STONE」ペットストーンは、
1,980円から、ととてもリーズナブルな価格を実現。

世界で一つだけの、手作りのペットのお墓です。

世界で1つのペットのお墓

石工職人として10年以上の経験を持つストーンデザイナーが、
手作業でひとつひとつ心を込めて丁寧に加工します。

世界に一つだけのオリジナルのお墓で、
よりペットを慈しむ心を静め、
愛するペットを供養できます。

コンパクトな大きさで室内外どちらでも使えます。
こころ工房のペットのお墓はペットの、かわいらしさを表現しており、
サイズもコンパクトで、ご自宅用の手元供養としても使えます。

お庭など屋外においても、かわいいモニュメントとして
利用できます。

公式サイトはこちらをクリック↓


 

全国各地よりお喜びの声多数!ペットのお墓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペットロスとは、
家族のように接してきたペットが
亡くなってしまったショックから
引き起こされるさまざまな症状です。

大切なペットが亡くなり、ショックで悲しくなることは、
きわめて自然なことです。
しかし、そのショックがあまりに大きすぎると、
心や身体に変調を起こしてしまうことがあります。

症例として、
うつ状態がなかなか直らず、
実際のうつ病になってしまったり、
寝つきが悪くなり睡眠障害になってしまったり、
心だけでなく、食欲不振や胃腸炎、胃潰瘍など、
変調を起こしてしまったりすることがあります。

このような症状をペットロスと定義することが多いようです。

ペットのお墓を身近に置くことにより、
愛するペットとの別れである、ペットの死に1つの区切りをつけ、
心を穏やかに落ち着かせる効果が期待できます。

思い出をずっと大切に形に残すことで、
いつでも大切なペットのことを思い出してお参りできます。

生ある命にはいつかは別れの日がくると思っていても、
実際にその時が訪れると、かけがえのない存在との別離は
耐え難く悲しみつらい日となります

愛するペットのお骨は、
何日までに必ず納骨しなければならないということはないと思います。

ご自分の気持ちが、
まだ側に一緒にいたいと思うなら それも一つの選択肢。
月日が流れ、
ある日「一緒に時を過ごせてありがとう」と思えるその日が訪れたら
その時に、貴方が思う気持ちでペットを送り出してあげれば良いと思います。

ペットが死んでしまったら、
「いままでありがとう」と言ってあげてください。

死んでしまった状況にもよりますがペットには
「ありがとう」 と感謝して冥福を祈ってあげてください。

その後亡骸を旅立ちのために準備をしてやります。
熱いお湯でしぼったタオルでペットの体をきれいに拭いてあげてください。

それから風通しのよい ところに安置してください。

死後毛の中にいたノミなどが体温の低下とともに
からだから 離れていきますので大きめのバスタオルなどでくるんであげてください。

そしてノミなどを 出し切ってください。

その後もう一度からだをタオルで拭いてやり、棺に入れてください。

棺はダンボールでもかまいません。

体の周りにはお花や生前使用していたオモチャなどを手向けてもよろしいでしょう。

しかし夏場などは死体の傷みが早いのでドライアイスなどで冷やしてください。

「死」とは肉体から魂(心や想い)が離れてしまうことです。
ペットは死後 も自分の居場所をさがし不安になっています。
そして自分が「死んだ」ということに まだ気が付いていません。

ですから死んだ後に魂がとどまる場所を用意してやりましょう。

「祀り家」を用意してください。

「祀り家」とは木や紙でつくった犬小屋の形をしたたものです。

簡易的にダンボールの家でもよろしいかとおもいます。

写真や花などをかざり、線香をともして下さい。

そして生前好きだった食べ物を供えてあげてください。

そしてペットの亡き骸を「祀り家」の前におき 、
死んだペットにはそこがしばらくの間とどまるべき場所である事と
死んでしまったことを祈って教えてあげてください。

これが所謂、通夜になります。

「死」とは肉体と魂が離れてしまうことです。
言葉は悪いですが そこにあるペットの亡き骸は、
実体である「魂」は別に分かれているのです。

亡き骸を葬ることは供養とは違います。
ペットを供養するということは 「魂」を養いなぐさめるということです。