終活保険見直し無料相談・葬式代とお墓・終末医療・ホスピス

終活のための保険・無料相談

高齢期に入ると、
終身保険は、残された人に、自分自身の葬儀代として
使ってほしいという目的で、加入しているケースが多いようです。

終活により葬儀の生前予約をし、葬儀の費用を確定したら、
葬儀用として加入していた終身保険を見直してみましょう。

仮に葬儀用として1000万円の終身保険に加入していて、
葬儀費用が、生前予約で100万円と確定した場合、900万円は余分になります。

そのまま見直しをせず、家族のために、
余分な保障を残しておくのも選択肢の一つです。

あるいは、保険料の支払いが困難であるとか、
介護費用がかかるようになってきたという場合などには、
終身保険を100万円に減額して、解約返戻金を、介護や生活資金に充てる
選択肢もありますね。

ただでさえ、分かりにくい、生命保険、
終活のための保険についても、
保険のプロ、が親切丁寧に、無料で
色々と教えてくれます。

保険の見直しの無料相談は、
こちらから店舗へ行くタイプの会社と、
近隣のファイナンシャルプランナー、FPが
自宅や仕事場に
来てくれるタイプがあります。
( 喫茶店等で会うと、お茶代はワリカンです。^^)

セカンドオピニオンも聞くべきでしょうから
2~3人の保険のプロ、
ファイナンシャルプランナーの方に
色々と無料相談にのってもらうのが
ベターかもしれません。

 

 

ファイナンシャルプランナーの方が来てくれるタイプの終活のための保険・無料相談

保険アドバイザーズ

保険のプロである保険コンサルタントが
終活のための保険とは?、
最期のときまでのライフスタイル、
人生設計にあった保険に加入しているのか?
また、今必要な保険はなんなのか?

現在加入されている保険プランの説明を
含めて無料で相談・提案。

終活のための保険見直しや、
新しく保険に加入したい方も、
最適な保険を見つけられるはずです。

保険無料相談を行う保険コンサルタントは
いくつもの保険を取り扱うことができる独立系なので、
保険会社の枠を超えて、あくまでも公正中立な立場で、
無理・無駄のない保険設計を提案してくれます。

公式サイトはこちらです↓

 

 

終活保険でネット検索するシニアが増えています!

SBIグループの少額短期保険
79歳まで申込ができる「いきいき世代」

【お客様の声】
SBIいきいき少短の保険を選んだ理由
《1》なんといっても保険料が手ごろだから
《2》若い時に加入した保険が満期になった・合わなくなった
《3》既に加入している保険の上乗せにちょうどいいから

【商品の特徴】
死亡保険<あんしん世代>
Point1 お葬式代の備えなどにちょうどいい保障内容
死亡保証金は100万円から900万円まで、100万円刻みの9コース。
保証内容はとてもシンプルです。

Point2 年金世代の方にもうれしい、お手ごろな保険料
たとえば、54歳・女性の方なら、100万円コースの保険料はなんと月々490円!
とってもお手ごろな保険料はホームページから簡単にお見積りいただけます。

Point3 79歳まで加入でき、90歳までの保証の継続が可能です
年齢で保険をあきらめていた方、親御さんの保険を探していた方にも好評です!

医療保険<新いきいき世代>
Point1 シンプルな保障内容で、保険料もお手頃
入院日額「5,000円」「10,000円」の2つのコースからお選びいただくだけ。
どなたにもわかりやすい保証内容です。

Point2 入院と手術に加え先進医療も、最長100歳まで保証
入院は1日目から最長90日目までカバー。
日帰りの入院や手術も保証します。

Point3 持病がある方でも加入できる場合があります。
「特別条件特則」を付加することでご加入いただける場合があります。

公式サイトはこちらをクリック↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お葬式の形と入るお墓を決めることで必要な生命保険の死亡保障額を決めましょう
近年、お葬式の形はかなり自由です。
自分らしさを演出して人生の最後を飾りましょう。

葬儀費用は、祭壇、飲料費、お布施、火葬費用などがあります。
全国平均では、191万円で、10年前に比べると2割減っています。

安価にあげたいとの故人の考えや会葬者数が減ってきているからかと思われます。
大都市圏を中心に「家族葬」と呼ばれる家族や近親、
親しい友人による少人数の葬儀が増えています。

家族葬ですと30万円から80万円ぐらいが多いと言われています。
葬儀をしないで火葬だけの「直葬」も増えており、費用は抑えられます。

またお墓のタイプも多様化しています。

寺院墓地や公営墓地の区画にお墓を建てる伝統的なスタイルのほか、
お墓のマンションのような永代供養墓、
また、樹の下に埋める樹木葬・桜葬。

空や海を墓地とみなす散骨などの方法もあります。

エンディング周辺に必要な金額は、
葬儀の費用とお墓の費用を足した金額です。

お墓の用意と葬儀にかかる費用は、平均で400万円ぐらいかかります。
家族が困ることを避けるために生命保険に入ることを勧めます。

中高年で、これから生命保険に加入しようと考えている方には
人には小額短期保険の死亡保険があります。
特に、高齢の人の場合、葬儀を行う子供も高齢になっている場合が
多く情報を分かり易く残さないと活用できない事態も起こりえます。

少額生命保険はそうした時代の変化に合わせ、月々数百円からの掛け金で、
死亡時の生命保険金が数十万円からといった気軽にかけられる生命保険として
最近急激に増えてきている生命保険です。

亡くなる際の病状等にもよりますが、お葬式やお墓など、
それぞれの選択肢において最も簡素な逝き方を選択すれば、
総額費用は100万円から200万円もあれば十分だと言えます。
そうしたニーズに答えるのが少額保険であり、
これから益々加入者が増えることが予想されています。

最近では街角に、保険の見直しをしてくれる保険代理店があるので、
終活としてご自身の最期に必要な費用を試算した上で
保険見直しの相談をしてみても良いかもしれませんね。

中高年になっていて新たに生命保険に加入するのは
保険料が高くなる心配する人も多いと思います。

この場合は、保険金は300万円以下ですが保険料の安い
少額短期保険の死亡保険を考えることを勧めます。
1年ごとの契約なので年とともに変わる費用に合わせて
保険金額を見直すことが出来ます。

終末医療はターミナルケア、
緩和ケア、ホスピスケアとも呼ばれ、
主に延命を目的とした看護ではなく、
患者の身体的・精神的苦痛を軽減し
生活の質(QOL:quality of life)を
向上することが目的とされています。

英誌『エコノミスト』の調査部門が、2015年度の
「クオリティ・オブ・デス(終末期の質の高さ)・ランキング」を
発表しました。

緩和ケアを中心とした、終末期ケアの
質の高さを、5つのカテゴリーごとに評価して
ランキング化したものです。

5つのカテゴリー

・緩和ケアや医療を取り巻く環境
・人材
・ケアの受けやすさ
・ケアの質
・コミュニティの関与

クオリティ・オブ・デス(終末期の質)ランキングの
トップ20は、このような顔ぶれです。

1 イギリス
2 オーストラリア
3 ニュージーランド
4 アイルッランド
5 ベルギー
6 台湾
7 ドイツ
8 オランダ
9 アメリカ合衆国
10 フランス
11 カナダ
12 シンガポール
13 ノルウェー
14 日本
15 スイス
16 スウェーデン
17 オーストリア
18 韓国
19 デンマーク
20 フィンランド

終末医療の選択では延命治療を
どこまで望むのかというのが重要なポイントとなってきます。
延命治療の主なものには人口呼吸療法と心肺蘇生法があります。

どのような延命治療を行ってほしいのかを
信頼できる医師や家族にあらかじめ自身の想いを伝えておきましょう。