安心して極楽へ・葬式の準備・簡単無料相談生前一括見積もり

お葬式・お急ぎの方はこちら

↓ いい葬儀 公式サイト、です↓


お葬式・無料見積もり

全国・24時間対応で無料お葬式見積もり

終活、のスタートは、お葬式の準備、かもしれません。
葬儀の見積もりをもらい、
葬儀のプランを家族と検討し、共有しておく。
その上で、葬儀費用の
支払い方法も申し送りしておくとよいでしょう。

元気なうちに遺影写真を準備し、
写真の保管場所を家族に知らせておきましょう。

生前に決めておく
お葬式は、本人の意向に沿った形にするのが一番です。

葬儀会社との生前契約のケース
民間の葬儀社との生前契約の場合、
まずは具体的な葬儀の内容と費用について話し合い、契約書を交わします。

その際には必ず、本人の死後の緊急連絡人などを決めておきます。
葬儀費用の支払いには、一括前払いのほか、
生前保険や信託が利用されることが多いですね。

契約者が死亡した場合には、契約に基づいた葬儀が営まれます。

葬儀をどの業者にまかせるかは、生前に話し合っておき、
故人の遺志をしっかり反映するための準備をしておきたい。

「葬儀の生前準備をするときは、
夫に『どちらが先に死ぬかわからないから、お互いに備えておかない?』と言うと、
切り出しやすいはず」

葬儀社を選ぶ際は、まず、葬儀に呼ぶ人(呼びたくない人も)をリストアップすると、
規模の予測がつき、連絡先も確認できます。

事前の準備を全くしていなかった場合、
万が一、お亡くなりになられると、
病院や施設から葬儀社を手配するようにとの話があります。

施設によりますが施設でのご安置ができないもしくは長時間できない場合は、
葬儀社を落ち着いて選定する事はなかなか難しいかと思います。
結果よく分からないから、この葬儀社に依頼しようと
妥協が生まれてしまう可能性がとても高いです。

お考えの内容や予算・求めるサービスができる葬儀社なのかを
見極めるには、やはり事前のご相談をお勧めします。

さらに、遺影はどれにするか、棺に入れてほしいものはないかなどを聞き、
おおよそのイメージができたら、葬儀業者を中心に最低3社に
ウェブ経由で、たずねてみよう。
無料で生前見積もりをとることができます。

 

 

【葬儀レビ】全国資料一括請求

豪華に、華やかに、いっぱい人を呼んで・・・
という方は、こちらで葬儀の一括見積ができ
ご希望を叶える、最も安い葬儀社が選べます。

全国・24時間対応で無料・葬儀社一括見積もり
全国約400社の葬儀社の中から最大5社一括見積り

公式サイトはこちらです↓

今の時代、必ずしも豪華にする必要はありませんね。
シンプルなお葬式は価格も内容も明瞭に提示し、
安くても安心・良質な葬儀を提供されています。

格安葬儀|必要な物だけに絞った:シンプルなお葬式
全国・24時間対応で無料お葬式見積もり

【格安葬儀】資料請求プログラム
公式サイトはこちらです↓

 

 

 

葬儀に必要な資料を無料でお届け。家族葬のファミーユ

「家族葬のファミーユ」は、
「人生で最期の時間をご家族中心で過ごして頂く」ための葬儀ブランド。

家族にゆっくりとしたお別れの時間を過ごせる、

・段取りの手間を省く「パッケージ型のご葬儀プラン」

・全国約1000ヵ所の葬儀式場ネットワーク

そして、全国のファミーユホールは
「一日一組」限定の貸切ホールとなっており、
単に質素な葬儀ではなく、希望・宗派に合わせた用意をしてくれ、
家族が別れの時間を悔いなく過ごすためにお手伝いをしてくれます。

こだわり続けているのは、心の通ったサービス。

50,000件の葬儀を手伝った経験がそれを支えています。

公式サイトはこちらです↓


 

 

 

 

 

 

ご葬儀・供養はいざという時に後悔しない為に事前に考える時代です。
また、近年は「終活」
(人生の終わりにしっかりと備えて活き活き暮らす活動)が
社会に浸透しつつあり、
事前相談・終活相談を利用する人が増えています。

葬儀の形態には従来の、一般葬、と言われるものから、
最近人気の家族葬、会社や団体の経営者・代表者の社葬・合同葬、
趣味や仕事を生かした音楽葬・フラワー葬、
芸能関係・著名人に多い、お別れ会・偲ぶ会などがあります。

お葬式を執り行うにあたっては、ご家族にさまざまな負担がかかります。
「終活」は残された人生を幸せに
過ごすためのポジティブな活動であり、
同時に愛するご家族のこれからを考える機会でもあります。
万が一の際にご家族にかかる負担を減らすためには、
事前にしっかりと準備をしておかなければなりません。

「生前にお葬式やその後の話をするのは縁起が悪い」と
お考えになる方も少なくないと思いますが、
いざ“その時”になってご家族が焦らずにすんだり、
ご供養における後悔をしなくてすむなど、多くのメリットがあります。

まず、どのようなスタイルで葬儀を行うかを決めます。
宗教儀礼としての葬儀を行うなら、
どの宗教の、どの宗派の方式で行うのか、
また実家の宗旨と異なる場合には、特に注意が必要です。

「無宗教葬」の場合には、どのような内容で行いたいのかを、
できるだけ詳しく決めておく必要があります。
家族だけで葬儀を行う「家族葬」の場合には、
親戚や友人・知人、仕事関係の人々への
対応をどのようにするのかを明確にします。
場合によっては自分で連絡しておかなければなりません。

人は生まれてくるときも、そして死ぬときも、誰かの世話になるのです。
エンディングノートを書いても、遺言を遺しても、
葬儀やお墓について万端の準備を整えたとしても、遺された方のお世話にはなるのです。

「死」や「葬儀」について考えるきっかけは、さまざまでしょう。
あまり歓迎したくないテーマですが、死やご葬儀・お葬式について考えるというのは
マイナスのことばかりではありません。
なぜなら、死を通じて普段何気なく過ごしてしまっている生き方を
見直すことにつながるからです。

一般的に「死」は、
自分とはまったく別の次元で起こる出来事として扱ってしまいがちです。
しかし、よりよい人生のために自分を見つめ直す機会だと考えれば、
「死」を意識することにも意義を見出せるのではないでしょうか。

「迷惑をかけない」という心がけはとても大切なものです。
でも、一歩進んで「ああ、いい人生を送ったんだね」といわれる終活をしましょう。

一般墓地
代々継承していく家のお墓です。
一般的な和型の墓石のほか、芝生墓地や室内墓苑、納骨堂などスタイルはさまざまです。
永代供養墓
永代供養墓とは、寺院や霊園が、故人の家族や親族に代わって
永代または一定の期間をご供養、管理をするお墓のシステムです。

「墓じまい」という言葉をご存知でしょうか。
地方から都心部へと暮らしの基盤を移してしまうと、地元での墓参りが1年に1度、
もしくはそれ以下という方も少なくないですね。
お墓の引越し、とも言います。
郷里にあるお墓が遠く、
今後の管理が難しい場合はお墓の引越しという方法もあります。
次の世代に負担をかけないために考えておきましょう。

そういった方たちは、もちろんご先祖をないがしろにしているわけではなく、
お参りしたいという気持ちはしっかり持っている。

そこで、地元から現在の住まいの近くにお墓を移す動きが増えてきました。
そのことを「墓じまい」と言っています。

自宅からお参りしやすい場所の霊園というスタンダードな選択もあれば、
霊園が未来永劫にわたり供養をしてくれる永代供養墓、
海や山への散骨を行う自然葬、植樹した木の下に散骨する樹木葬、
さらにはペットと一緒に墓に入るスタイルもあります。

以前のように家族や家だけでなくてはいけないという縛りが薄れ、
死後も一緒に楽しく過ごせる人とお墓に入りたい方が増えています。

生前から死後のことを考えるなんて滅多な事を言うものではないと、
ともに暮らす家族としては後ろ向きに捉えてしまう部分もあるかとは思いますが、
本人の死後に当人から遺志を確認することはできません。

遺される側の家族からすると、生前から死後について自身の考えを
ノートなどにまとめてくれていると参考になるだけでなく、
直接聞く事ができなかった故人の遺志を尊重することもできるため
大切な行為ともいえます。

特に樹木葬は自然と一体化できる上、例えば夫に早く先立たれたので、
仲良くしていた友人と一緒に入るという「墓友」(はかとも)なる言葉もあります。